読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説版ミッサーシュミット

文章を書くのが大好きなミッサーシュミットの小説の数々♡

休日と犬の睡眠薬(R18)

休日と犬の睡眠薬⑨

準備を終えた彼は、私の足を大きく広げさせた。原始的な欲求を、一秒も早く満たしたい。全身の毛が逆立ち、性感帯がフル稼働していた。最高の状態で彼を迎え入れようと、体が独りでに準備を始める。私は、禁断症状に襲われたジャンキーのように、哀れな叫び…

休日と犬の睡眠薬⑧

彼の限界が近付いて来たのを知り、慌ててしまう。私は今まで、この行為を、彼以外にしたことが無い。回数もそれほどこなしていないので、慣れていないのだ。 私の戸惑い察した彼は、もういいよ、と、優しく言ってくれた。ホッとした反面、その言葉を、不思議…

休日と犬の睡眠薬⑦

限界まで焦らされた後に与えられる快楽は、脳内で何倍にも強化された。 太くて長い指が動く度、固く目を閉じたまま、私は悲鳴を上げた。 執拗に、丹念に、濡れた場所を優しく探る彼の指が、突然、激しく貫いた。頭の中が、体の内側と外側が、シャンパンより…

休日と犬の睡眠薬⑥

舌が、乱暴に口の中に入って来た。顎にかかる彼の手を退かせようと、必死でもがく。彼は私の手首を掴んでそれを制止し、体重を掛けてのしかかりながら、更に強く唇を吸った。 シャンパンに酔った体は、簡単にソファベッドに押し倒された。彼は私の首筋に舌を…

休日と犬の睡眠薬⑤

三本目を飲み尽くす直前に、頼んでいたピザが届いた。玄関に来た宅配の人に、「ご苦労様」と言いながら、彼は代金の他に、チップ渡しているのが分かった。宅配の人は喜んで、何度もお礼を言った。その人はまた、この激しい雨の中を、濡れながらバイクに乗っ…

休日と犬の睡眠薬④

私に背中を向けて、ディスクをケースにしまいながら、彼がぽつりと言った。 「シャンパン、飲みたくなった」 映画の中で、ヒロインが優雅な手つきで、グラスを口に運んでいたのを思い出す。確かに、とても美味しそうだった。でも、雨の中を、買いに行くのは…

休日と犬の睡眠薬③

彼の足音が聞こえた。うたた寝をしていた私は慌てて目を開け、真直ぐ背筋を伸ばす。彼はいつの間にか、服を着替えていた。 コーヒーが注がれた、耐熱ガラス製の透明なティーカップを、両手に一つずつ持った彼は、呆れたように笑いながら言った。 「昔、うち…

休日と犬の睡眠薬②

まだ、雨は止みそうにない。 すっかり冷めたアメリカンコーヒーを、優雅な仕草で飲み干し、満ち足りた顔で彼は言った。 「じゃ、行こうか」 私が軽く頷いて席を立つと、他のテーブルに注文を取りに行っていたウェイトレスが、こちらの様子に気付いた。 「い…

休日と犬の睡眠薬①

桜もすっかり散り終わった四月の週末の午後、彼と会う約束をしていた。雨が降るから、映画の約束は変更。傘を差して、濡れながら街を歩くのが、大嫌いなのだ。 玄関のドアを出ると、さよならを告げたはずの冬の寒さが、遠慮がちな春の陽気と共に感じられた。…